ごあいさつ

ごあいさつmessage

 昭和40年12月、神戸市港湾局の指導のもと、関係するタグボート運航会社が相集い「社団法人神戸タグ協会」が設立され、翌年2月より業務を開始しました。その後、スラスター装備船の普及、阪神・淡路大震災による神戸港の被災、そして強制水先規制の緩和等の度重なる苦難に見舞われましたが、関係各位のご支援を頂きながら乗り切ることができました。平成23年2月には「協同組合神戸タグ協会」へ移行しましたが、設立以来50数年間にわたり、神戸港に入出港する船舶の安全な離着岸を目的とし、タグボートの共同配船事業を行ってまいりました。現在は新型コロナウイルス禍による事業活動への影響が最小限になるよう、必要な対応を進めております。
 タグボートは、港湾法で「船舶の離着岸を補助するための船舶」として「港湾施設」に位置付けられています。これからも神戸タグ協会は、神戸港に必須の港湾サービスとして、確実・迅速かつ効率的な配船業務を行っていくことにより、神戸港発展の一翼を担っていきたいと考えています。

令和3年5月吉日  
協同組合神戸タグ協会
理事長 笹井 徹